Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
Delicious にシェア

■S:今日の聖書の言葉
ホセア書14章9節

★知恵ある者はだれか。その人はこれらのことを悟るがよい。悟りある者はだれか。その人はそれらを知るがよい。主の道は平らだ。正しい者はこれを歩み、そむく者はこれにつまずく。

■O:今日のコラム
シャローム!御国が来ますように!

昔、私の信仰が落ち込んでいて、何を言われても曲がったことばかり言っている時、私の友人のお父さん(わたしからすると人生も信仰も大先輩であり、とても尊敬している方です)に「イエス様はまっすぐなお方だから、私たちが曲がってるならば、それは全部罪だよ。」とにっこり笑って言われたことがありました。顔は笑っているけれど、わたしはその言葉があまりにも事実過ぎて返す言葉が見つかりませんでした。

今日の箇所にある通り、「主の道は平ら」です。下の注解には「まっすくだ」と書かれています。私たちは、内なる人が整えられていくこと、完成していくことに対して啓示が開かれ、日々御霊により、力をもって内なる人が完成されていくことを祈っています。

「どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように。」(エペソ3:16)

「すべての谷は埋め立てられ、すべての山や丘は低くなる。盛り上がった地は平地に、険しい地は平野となる。」(イザヤ40:4)

「すべての谷はうずめられ、すべての山と丘とは低くされ、曲がった所はまっすぐになり、でこぼこ道は平らになる。」(ルカ3:5)

また、血潮の宣言の中の「私の古い人のたましいの都市」に対する宣言文の最後に、「我が内のすべての谷は埋め立てられ、すべての山や丘は低くなり、盛り上がった地は平地に、険しい地は平野となります。」とありますが、主の道を整えることはまず自分の内側の谷、歪んでしまったところが御言葉によって埋められ、癒されること、盛り上がったところ、高ぶり、高慢が御言葉によって砕かれることから始まります。

「主はみことばを送って彼らをいやし、その滅びの穴から彼らを助け出された。」(詩篇107:20)

「国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らいだ。神が御声を発せられると、地は溶けた。」(詩篇46:6)

「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。」(ヘブル4:12)

先程書きましたように、私たちの内に曲がったところがあるならばそれは罪なのです。人から言われた言葉や評価、間違ったアイデンティティーが最高権威である御言葉、主の基準より高くなっていないでしょうか?また、高ぶりがあれば御言葉によって砕かれることを祈りましょう。

「神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。」(詩篇139:23-24)

今日、ホセアと並行して読んでいるヨハネには、

「しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。」(ヨハネ14:26)

とあります。助け主として与えられている聖霊様は私たちにすべてのことを教えてくださるのです!なので、分からないことがあっても、導いてくださる聖霊様が共にいてくださることを感謝します!

先日、私たちの礼拝の中で、「御言葉と信仰が結び合わされると癒しが起こり、癒されたら主の召しに立ち返っていく」ということが語られました。

私自身のことになりますが、人から言われた言葉が御言葉よりも上に来ていたことを認めます。もう癒されることはなくずっと生きていくんだと本気で思っていました。

「そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。」(Ⅱぺテロ2:24)

この御言葉を祈りの中で何度も宣言する中で(ただ口で読むだけの時もありました)、私の信仰と結びついた瞬間がありました。「御言葉がいやされたと言っているのにいつまでも人からああ言われたから、こう評価されたからとあれこれ言っているのはおかしい!偽りである!」と。

その後、あらゆる扉が開かれ、人との出会いや、機会を通して主が願っておられるのは知りつつも出来なかった領域に進んでいくことが出来るようになりました。召しに立ち返ることが出来るようになりました。全ての回復の始めは御言葉と信仰が結び合わされることであることを悟りました。

このように、私たちの内側が回復していき、神様が願っておられる道に戻っていくことが内なる人の回復であり、すなわちそれが、主の道を整えていく、平ら、まっすぐな者になるということです。

イエス様はまっすぐなお方なので、私たちが回復していくことにより、私たちもイエス様のように平らな、まっすぐな者となっていけます。それら全てが自分の力、方法、行いではなく、ただ助け主として与えられた聖霊様ゆえに出来ることに、心から感謝します!

■A:考えてみよう
・私たちの内に傷のついた道があるかないかを御霊に探っていただきましょう。
・人から言われた言葉や評価は御言葉より高い位置に置いていないでしょうか?
・御言葉と信仰が結び合わされるまで御言葉を宣言し、本来歩むべき所を歩んでいくことが出来ますように!!


■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まな 】

カテゴリー: マナメール

コメントを残す