Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
Delicious にシェア

■S:今日の聖書の言葉
第二コリント13章5節

★あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちにはイエス・キリストがおられることを、自分で認めないのですか―あなたがたがそれに不適格であれば別です。―

■O:今日のコラム
今日の箇所でパウロが言っているように、私たちは信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなければなりません。なぜなら、信仰に立っていると思っていても、信仰の破船にあうことがあると聖書に書かれているからです(Ⅰテモテ1:19参照)。

信仰とは何でしょうか。有名な御言葉ですが、

「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。」(ヘブル11:1)

とあります。私たちは、目に見えるものに望みを置きやすいものです。それが私たちを保証してくれるかのように思います。しかし、見えるものを信じることは簡単ですが、それら見えるものは一時的であることを覚えます(Ⅱコリント4:18参照)。

私たちの望みは、一時的、消えていく、朽ちていくものではなく、永遠に続く御国、天にある報いです。イエス様ご自身です。私たちは、昨日も今日もいつまでも変わらないお方、真実なお方、神のことばであられるお方、イエス様ご自身に望みを置くことが出来るのです。

もし、イエス様ご自身以外のものに、私たちの望みを置いているなら、私たちは悔い改めなければなりません。言葉では、賛美では、「イエス様が主です」と言いながらも、実際の歩み、日々の生活の中で、自分の方法ややり方、人の方法や言葉に頼っているなら、私たちは、いつのまにか信仰から離れてしまうでしょう。なぜなら、神様の願い、ことばよりも、自分や人の願い、言葉が優先されているからです。フォーカスがずれてしまっているからです。

私自身がそのような者であったことを悔い改めます。忙しさや状況に惑わされず、神様が何と言っているか、御言葉が何と言っているかを、まず聞いていく者になりたいと願います。

「そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。」(ローマ10:17)

信仰は「聞くこと」から始まります。ヨハネ10章には、羊はイエス様の声に聞き従うと書かれています。羊は羊飼いの声を知っているのです。終わりの時代に、主は羊と山羊を分けるとあります(マタイ25:31-46参照)。

私たちが、日頃から何を「聞いているか」が益々重要になってきます。絶えず、日々の歩みの中で神様のことばを聞き、そのことばに従う生き方をしていきましょう。それが信仰の歩みとして、人々にもあかしになっていくと信じます。

たとえ、今がどのような中にあっても、神様のことばに望みを置きましょう。神様のことばに信頼を置き続けていきましょう。今は見えないけれども、状況や環境が困難に思えても、私たちに与えられた望み、約束を信じることを選び取ろうではありませんか。イエス様ご自身、御言葉に信頼を置き、揺るがない岩の上に立ち続けていこうではありませんか。

「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。」(Ⅱテモテ4:7-8)

■A:考えてみよう
・私たちがどのような信仰、御言葉に立っているか、もう一度吟味していきましょう。
・自分の願いが神様の願いよりも優先されていないだろうか。日曜日だけ、イエス様が主となり、日々の歩みの中では、自分が主となっていないだろうか。人や目に見えるものに望みを置いていないだろうか。神様だけが唯一の主権者であり、神のことばが真実であり、すべてを支配しておられるということを信じきることが出来ているだろうか。
・私たちの感情、理解や状況をこえて、どのような時でも主に信頼し続けることを、最後まで選び取り、信仰のレースを走り切ることが出来ますように!

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ささまな 】

カテゴリー: マナメール

コメントを残す


  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー