Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Delicious

■S:今日の聖書の言葉
1列王記2章3〜4節

★あなたの神、主の戒めを守り、モーセの律法に書かれているとおりに、主のおきてと、命令と、定めと、さとしとを守って主の道を歩まなければならない。あなたが何をしても、どこへ行っても、栄えるためである。そうすれば、主は私について語られた約束を果たしてくださろう。すなわち『もし、あなたの息子たちが彼らの道を守り、心を尽くし、精神を尽くして、誠実をもってわたしの前を歩むなら、あなたには、イスラエルの王座から人が断たれない。』

■O:今日のコラム
ダビデがこの世を去る時、次の王となる息子のソロモンに残したのが上記の言葉です。これはモーセが次の世代のヨシュアに残した言葉と類似しています。この言葉から私達も主イエスにある王としてそれぞれ任せられた領域を正しく治める為の大切な資質を受け取る事が出来ます。

旧約聖書の律法の書、預言書、歴史が記された諸書を一言にまとめるなら「神の御言葉に聞き従うか、どうか。」というテーマに行き着きます。これは非常に重要なテーマです。イスラエルの歴史において主の御言葉に従順した王やリーダーが治める時には、イスラエルは栄え、勝利し、神の栄光がイスラエルを通して諸国に輝きましたが、主の御言葉に背く者が治める時にはイスラエルは荒廃し、偶像礼拝と不義で満ち、国々に征服され敗北をしました。

イスラエルの王の歴史を見る時、他人事と考えてしまってはなりません。なぜなら私達は現在、主イエスの血潮によって贖われた王であり祭司という身分を受けているからです。私達が主の御言葉に聞き従って生きる時、家庭や職場、学校や遣わされて行く場所、そしてそれぞれが所属する教会に主の栄光が輝き、私達は主にある知恵と品性を持って王として正しく治める力を得るのです。

王としての重要な責任が、聖書にこの様に記されています。

「彼がその王国の王座に着くようになったなら、レビ人の祭司たちの前のものから、自分のために、このみおしえを書き写して、自分の手もとに置き、一生の間、これを読まなければならない。それは、彼の神、主を恐れ、このみおしえのすべてのことばとこれらのおきてとを守り行うことを学ぶためである。」(申命記17章18〜19節)

「御言葉を朗読し、それを行なって生きる事」これはシンプルな事に聞こえるかもしれませんが、私達の信仰生活において非常に大切な柱となります。日々、聖書の言葉を朗読し私達の内に御言葉を蓄え、また主にそれを行う事が出来る様に祈り求める時、ただ主の恵みによって、本来私達の肉の性質においては出来ない、主の御言葉に従順する力が御霊を通して与えられます。そして、その様な生き方は岩の上に家を建てる歩みとなります。主イエスご自身が言われた言葉を今日、私達の心に刻みましょう。

「だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。」(マタイ7章24〜25節)

■A:考えてみよう
日々、御言葉の朗読を続けて行きましょう。多くの書簡がある聖書をどこから読んだら良いか分からない時、まずマタイの福音書5章〜7章「山上の垂訓」を読み、私達の心に日々、主の戒めを刻みましょう。私達が御言葉を愛する時、必ず、それを行う力をも主は与えて下さいます。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】

カテゴリー: マナメール

コメントを残す