Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Delicious

パク・ホジョン師 祈りのセミナー2013レポート

わたしの家は祈りの家と呼ばれる 22

「シモン・ペテロが答えて言った。 「あなたは、 生ける神の御子キリストです。 」するとイエスは、 彼に答えて言われた。 「バルヨナ・シモン。 あなたは幸いです。 このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、 天にいますわたしの父です。ではわたしもあなたに言います。 あなたはペテロです。 わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。 ハデスの門もそれには打ち勝てません。わたしは、 あなたに天の御国のかぎを上げます。 何でもあなたが地上でつなぐなら、 それは天においてもつながれており、 あなたが地上で解くなら、 それは天においても解かれています。 」そのとき、 イエスは、 ご自分がキリストであることをだれにも言ってはならない、 と弟子たちを戒められた。」(マタイの福音書16書16 – 20節)

人々を助ける御使い(証し)

 前回は「天を揺さぶる祈り」と言うテーマでお届けしました。前回の答えです。(A1)天の御国がこの地に現されないのは、私たち地上にいる者が、天がこの地に来ることを承認しないからです。(A2)そのためには皆が心を一つにして祈る事が必要です。そのような祈りは天を揺るがします。(A3)そのための第一歩はまず地でなぐことです。全ての暗闇の門をまず閉ざすことが大切です。

 皆さんは、この地に天の軍勢が来ることを願っていますか。私もこの場所に天の御使が臨むことを願います。戦いに優れた御使いミカエルの軍勢がこの教会に配備されますように。私の後ろにも、私と共に戦う主の御使がいます。あるシーズンにはその御使たちが変わることを感じます。私には幻のような何かが見えるわけではありませんが、私の霊がそれを感じることがあります。そして、知恵のことば、知識のことばにおいて私の後ろの御使が変わったなということを感じるのです。ある日、私に仕える二人の御使が変わったことを感じました。驚くべ証ですが、私の教会に先見者がいます。私はこのような話を誰にも言っていなかったにも関わらず、先見者の一人が「先生の後ろに二人の御使がいたけど、その御使が新しい鎧を着た光る、力強いものに変わっています」と言うのです。私は驚きました。ハレルヤ!主が今日、この教会に必要な大勢の天使を送ってくださいますように。

 最近、私にまた新しい御使が遣わされました。非常に背の高い戦士です。最近、私たちが世界を回って働いていたそのミニストリーに関係します。私たちの祈りの家は意図的にマスコミ等に公開することはしませんでした。その中で私たちは5年ほどたったら私たちの祈りの家をその力とエネルギーを世界中に仕えるために用いようと言いました。ちょうど私たちが口から「祈りの家を始める」と宣言してからちょうど5年になります。始まったその日から計算するならちょうど4年になります。徐々に神様は私たちを世界中の祈りの家をセッティングする働きへと導いて下さっています。一ヶ月前にイギリスにおいて3つの祈りの家が立ち上がりました。本当に驚く証を聞いています。そして、3週間前にはタイに行って、タイの主な教会とともに祈りの家を再建する働きをしました。そして、今日、新宿シャローム教会に、ここが祈りの家だから来ました。以前も日本のたくさんの教会とネットワークがあったし、集会の要請もありましたが、来ることが出来ませんでした。ここは祈りの家であるために私は来ました。最近私たちは国々に行って、ブレイクスルーのために働いています。私が霊に感じ、先見者たちが見た御使はこの働きと関係のある御使いでした。(続く)

今回は証が中心でしたので(Q)はありません。

(答えは次回に)

こちらのセミナーのDVDはこちらからお求め頂けます。

コメントを残す


  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー