Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
Delicious にシェア

■S:今日の聖書の言葉
ヨハネの福音書18章34節

★イエスは答えられた。「あなたは、自分でそのことを言っているのですか。それともほかの人が、あなたにわたしのことを話したのですか。」

■O:今日のコラム
今日の箇所は、ピラトがイエス様に「あなたは、ユダヤ人の王ですか?」と聞いて、イエス様がピラトに聞き返した質問です。

イエス様は、ピラトの質問に対して、するどくピラトにこう言います。「わたしがユダヤ人の王であると言っているのは、あなたが言っているのか、それとも、他の人がわたしをユダヤ人の王だと言っているから、そうやって言っているのか。」と。

ピラトの答えは、「自分からではない。」でした。

ピラトはイエス様のことを人から聞いていたけれど、イエス様と交わったことがなく、何も知らなかったのです。ユダヤ人や祭司長たちが言っている言葉を聞いたり、イエス様のうわさ話を聞いたくらいでした。

皆さんの答えはどうでしょうか?皆さんにとって、イエス様は誰ですか?様々な答えがあるでしょう。「良き羊飼い」「王」「救い主」などなど。

けれど、それは、どこかのメッセージで聞いたことがあるからではないでしょうか?本当にその事を「自ら」知って告白できるでしょうか?

今日、もう一度、自分にとってイエス様はどういうお方なのかを知っていきましょう。それは、誰かが言っていたからではなく、みことばなる主が語っている聖書の中から見つけ、主ご自身と深く交わり、そして、「自分の」言葉をもって、主がどういうお方かを宣言していきましょう。

■A:考えてみよう
今日、聖書から、イエス・キリストは誰なのかを見つけ出し、自分に宣言していきましょう。
そして、真実にその方はみことば通りの方だということを体験していきましょう!!

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 かよ 】

カテゴリー: マナメール

コメントを残す