LINEで送る
Pocket
Delicious にシェア

■S:今日の聖書の言葉
第一テモテ1章15節

★「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。

■O:今日のコラム
今日の箇所にはイエス様がこの世に来られた目的が書かれてあります。イエス様は文字通り罪人を救うために世に来られました。パウロはイエス様のこの言葉を聞いていたのでしょう。

「すると、これを見たパリサイ人たちが、イエスの弟子たちに言った。『なぜ、あなたがたの先生は、取税人や罪人といっしょに食事をするのですか。』イエスはこれを聞いて言われた。『医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。「わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない」とはどういう意味か、行って学んで来なさい。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。』」(マタイ9:11-13)

私たちが罪という病にかかっていることを悟るときに、初めて医者であるイエス様が必要になるのです。そして、イエス様が私たちと一緒に食事をしてくださり、親しい関係を築いてくださるのです。

時に信仰生活が長くなると、クリスチャンの内側に喜びが無くなり、十字架の恵み、感動が薄れてしまうことがあります。なぜでしょうか?それは、私たちが罪人であるということを忘れてしまうからです。罪人であるとの自覚があるところにイエス様との関係が生まれます。

「もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。」(Ⅰヨハネ1:8)

恵みを受けて私たちクリスチャンは救いを受けました。しかし、私たちの古き罪の性質は相変わらず残ったままなのです。クリスチャンになった後でも罪を犯してしまうことがあります。救いの一番最初に悔い改めたことに満足して、日々の悔い改めを忘れてしまうのです。いつの間にか罪を持ち続けることの恐ろしさを忘れてしまいます。

「もし私たちが、真理の知識を受けて後、ことさらに罪を犯し続けるならば、罪のためのいけにえは、もはや残されていません。ただ、さばきと、逆らう人たちを焼き尽くす激しい火とを、恐れながら待つよりほかはないのです。」(ヘブル10:26-27)

厳しい御言葉ですが、これが罪を持ち続ける恐ろしさです。罪を犯すところに平安はありません。喜びは消えてしまいます。クリスチャン生活に命が無くなってしまいます。日々の生活の中で罪を悔い改めることによって、イエス様との関係が生きたものとなります。

サタンは、クリスチャンを悔い改めに進ませないように偽りを入れて来ます。どのような偽りでしょうか?「恵みを放縦に変えること」によってです。ユダの手紙に詳しく書いてありますが、恵みを罪を犯す機会にしてしまうのです。
「恵みによって罪赦されるから、何度でも罪を犯しても大丈夫」
「恵みだから、自分は変わらなくてもありのままで大丈夫」
このような考えです。

神様の御心は私たちが聖くなり、イエス様の似姿へと成長することです。恵みを受けた私たちが罪を犯し続けることは決して望んではおられません。

もし私たちが罪を犯したならば、すぐに悔い改めましょう。イエス様の十字架の血潮によって悔い改めるならば、どんな罪でも必ず赦されます。もし100回罪を犯したならば、100回十字架の元に走りより、血潮を宣言して悔い改めをしましょう。そして、何度でも罪の赦しの恵みを受け取るのです。

罪を犯したら、自分を責める思いがやって来るのも事実です。責めの思いをいつまでも持ち続け、自分を懲らしめたとしても、そこには何の解決を得ることは出来ません。

罪を犯した事実よりもさらに大きな十字架の贖いの事実に目を向け、すぐに悔い改めに入ることです。サタンは私たちが罪を犯したら訴えて来ます。私たちはサタンの訴えに耳を貸さず、ただ十字架の血潮だけを宣言するようにしましょう。

罪人であることを悟り、悔い改めに入ることは簡単なことではありません。大変惨めで辛いところを通ります。なぜなら、自分のプライドが折られるからです。私たちの自己中心の性質は根強いからです。

だからこそ悔い改めには聖霊様の力が必要なのです。私たちは祈り求め、聖霊様の力を体験しましょう。聖霊様の力の真髄は、私たちではどうすることも出来ない、古い肉の性質を造り変えるところにあるからです。

「私たちはみな、 顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」(Ⅱコリント3:18)

私たちの内側に聖霊様がおられることが希望です。日々の悔い改めを通して、新たにイエス様の十字架の恵みを体験し、命溢れる豊かなクリスチャン生活を送っていきたいと思います。

皆様の上に、イエス様の豊かな恵みが今日もありますように。

■A:考えてみよう
日々の生活の中で、習慣的に犯してしまう罪があるでしょうか?もしあるならば、十字架の血潮を宣言して悔い改めに進んでいきましょう。
あきらめないで悔い改め続けるならば、必ずその罪に勝利する力を神様は恵みによって与えてくださいます。

■P:祈り

愛する、イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 あきひろ 】

カテゴリー: マナメール

コメントを残す