Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
Delicious にシェア

■S:今日の聖書の言葉
使徒の働き18章25〜26節

★この人は、主の道の教えを受け、霊に燃えて、イエスのことを正確に語り、また教えていたが、ただヨハネのバプテスマしか知らなかった。彼は会堂で大胆に話し始めた。それを聞いていたプリスキラとアクラは、彼を招き入れて、神の道をもっと正確に彼に説明した。

■O:今日のコラム
雄弁な伝道者アポロがエペソの町に来た時、彼を通して大胆に主イエスの事が宣べ伝えられました。しかし、そのメッセージを聞いていたプリスキラとアクラは物足りなさを感じ、彼を家に招き神の道についてもっと正確に解き明かし説明しました。
このプリスキラとアクラは天幕職人であり、アポロの様に伝道者ではありませんでした。しかし、彼らは雄弁なメッセンジャーに対してもより明確に御言葉の解き明かす事が出来たのです。何故でしょうか?それは彼らはパウロを家に住まわせ、パウロと多くの時間を共に過ごし、正確に神の道を聞き、学んだからでした。
私達は今、聖書に登場する全ての聖徒達がうらやむ程の時代に生きています。なぜなら私達は66巻全て揃った聖書を持っているからです。これはパウロさえも持ってはいませんでした。日々この御言葉を通して神の道を正確に知る事が出来ます。さらに、全ての御言葉を書き記した最高の教師、聖霊様が私達と共におられ、私達はこの方を通して御言葉を悟る事が出来ます。
御言葉を繰り返し朗読する時、書かれたロゴスの言葉は、今もなお生きて働くレーマの言葉となり、レーマの言葉が信仰と結び合う時、神の国の実体が私達の人生に現されて行くのです。
日々、知恵と啓示の御霊なる主を求め、聖書の御言葉を朗読し続けて行きましょう。そうするならもっと正確に神の道を知るようになるのです。

■A:考えてみよう
エペソの手紙1章17節〜19節
「どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。」

この御言葉を自分の祈りとして告白し、今日も聖書の御言葉10章を朗読し、神の道をさらに深く知る者とされましょう。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】

カテゴリー: マナメール

コメントを残す


  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー